脱毛豆知識コーナー

ムダ毛の自己処理の現状とメリット・デメリット

今ではワキや脚などのムダ毛処理は当り前のようになっていますが、十数年前までは、全く処理をすることに関心のない女性も多くいました。また、処理の方法もカミソリや毛抜きなどが主流で、手間と肌トラブルを考えるとムダ毛処理の自己処理はとても面倒なものだったのです。


エステサロンはありましたが、今ほどポピュラーなものではなく、おしゃれに特に関心のある人や、特別な職業の人が通うというイメージだったのです。


しかし、近年の女性は小学校高学年にもなるとムダ毛について悩む人があるといいます。母子で脱毛サロンに通っているという例も多くあり、今ではムダ毛処理は女性なら当たり前になってしまっています。


高性能の脱毛機が次々と開発されて、ムダ毛処理に伴う痛みや肌トラブルも減少したことから、脱毛への関心も強くなってきています。最近では男性がヒゲや脚、腕を脱毛処理しているという人も増えてきています。


それでも自己処理でムダ毛処理している人が多い。


ムダ毛処理があたり前になってきているといっても、脱毛サロン・エステサロンやクリニックに通う人より、自己処理でがんばっている人のほうが多いのが現状ですが、その方法も手っ取り早くカミソリや毛抜き、脱毛クリームに頼っている人もいます。

これらの方法は、いつでもできることやお金がかからないことなどから、ほとんどの人がムダ毛を気にし始めると最初にやってみるのではないでしょうか。

しかしカミソリや毛抜き、クリームなどは、間違った処理法やケア不足から肌がガサガサになったり、ヒリヒリしたり、炎症を起こしたりの肌トラブルを引き起こすことがよくあります。ムダ毛処理はできていても、新たに肌の悩みを抱えてしまうことにもなりかねません。


ムダ毛処理の際の肌への影響について考えてみる。


ムダ毛の自己処理は手軽で安くできるのがメリットですが、肌にとってのデメリットもあります。


ムダ毛の自己処理では、やはりカミソリを使用していると言う人が一番多いようです。簡単で一度に多くの毛を処理できるのがメリットです。カミソリの注意点は肌を傷つけてしまう恐れが大きいこと。表面の毛だけをカットするためひんぱんに処理する必要もあります。そのため色素沈着の原因ともなります。


毛抜きで一本一本抜く方法は、毛根から一気に毛を抜くので効果が長持ちするというメリットがあります。しかし、肌と毛にかかる負担は大きく、ボツボツと毛穴が見えてしまったり、切れた毛の埋没による黒ずみなどの肌トラブルも多いようです。


除毛クリームでの処理は表面部分の毛を科学的な方法で分解するので、処理後は滑らかな仕上がりになります。しかしその効果は短く、マメに処理をする必要があります。また、薬剤が肌に合わない場合もあるので、敏感肌には不向きかもしれません。


もう一つの方法・・・「家庭用脱毛器」


最近の家庭用脱毛器は、性能の点においても、価格の点からもサロンやクリニックには及ばないまでも、自己処理という観点から見れば素晴らしい進化をしています。


カミソリや毛抜きでの処理とは違って、毛根から一気に毛を抜くことで効果が長持ちし、肌への負担も少なく、肌トラブルの心配もありません。ただ、お金がかかるうえ、エステサロンやクリニックのような効果は数段劣ります。


ムダ毛処理はワキや腕、脚が主流ですが、近年は顔のうぶ毛や体毛など、脱毛部位が広がっていることから、サロンやクリニックへ通う時間がない人や他人に見られたくないという人もいます。その点、家庭用脱毛器は便利だといえます。


色々なニーズに合わせるように、家庭用脱毛器の開発は進み、多くのメーカーがたくさんの脱毛器を送り出しています。


殆どが通販の形をとっていて、使用方法についての説明も細かくわかりやすくアップされています。安いものなら2千円代からあります。自分に合うものを探し出してお得にムダ毛の悩みから解放されたいですね。