脱毛豆知識コーナー

ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット

デリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)のムダ毛をすべて脱毛してしまうことは、通称「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれています。


海外では国によってはハイジニーナ状態にすることは「当たり前」「身だしなみの1つ」ととらえられている地域も多いですが、日本ではまだまだそういう考え方はされていませんね。どちらかというと、ハイジニーナ脱毛していると「遊んでいる女の子」というイメージを持つ方が多いでしょうね。


しかし、そんな考え方も古くなってきている?日本でも今「ハイジニーナ脱毛」をする女の子は意外と増えているようです。そんなハイジニーナ脱毛のメリット・デメリットをこのページでは見ていくことにします。迷っている方の参考になればと思います。


ハイジニーナ脱毛のメリット


VIOをスッキリさせることで、肌荒れや生理時のムレやニオイなどのストレスから解放され、快適な生活をおくれるようになったという人がとても多いようです。毛深い人は特にVIOの脱毛に積極的なのだそうです。


VIOラインのムダ毛が多いから、小さいビキニの水着や下着が着られない。という人などはハイジニーナでそんな悩みもなくなります。


下着の中が常の通気性がよくなり、清潔に保つことができるうえ、ムダ毛が落ちたり浴槽に浮かんだりという心配もありません。ハイジニーナした人の多くがやってよかったと言っています。


ハイジニーナ脱毛のデメリット


ハイジニーナはメリットが多くありますが、もちろんデメリットもあります。一度ハイジニーナしてしまうと、もう生えてきません。ハイジニーナのメリットが場合によってはデメリットになることもあります。


こういったことが心配なら、完全な無毛にせず、Vラインに少し残した方がいいです。Vラインに毛があればI・Oに毛がなくても見えないので大丈夫。


また、年齢と共に体の皮膚がたるんできますし、毛も薄くなります。VIO周辺がグロテスクな景色になる可能性も無きにしも非ずということです。公衆浴場や温泉などで、恥ずかしい思いをすることがあるかもしれません。