脱毛豆知識コーナー

医療機関での医療レーザー脱毛は痛い?

医療用レーザーは、その照射の力の強さ故に、脱毛効果が高いと言えます。この強い照射のできるレーザーは医療機関でないと使用できない事になっています。考え方を変えてみると、威力が強いために、素人には扱えなく、何かあった場合にも医療従事者だからこそ対応できると言う事でしょうか。それほどまでに照射能力は高いのです。そんな医療用レーザーですから、脱毛はできるのですが、同時に痛みも伴います。威力がありますから、我慢すれば早く脱毛を完了できることでしょう。


痛みに敏感な人、また、やはり痛いのは嫌と言う人もいるでしょう。そんな方には、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛のほうをお勧めします。医療レーザーより、痛みが少ないとされています。痛みに関しては、それなりに悩みが解消するでしょう。しかし、脱毛に関して痛みのない、柔らかいフラッシュ脱毛ですから、脱毛の施術を受ける回数はその分多くなるのです。確かに痛みは医療用レーザーに比べれば、弱いのです。肝心な回数が多いため、その分、我慢しなければならない時間が増えることになります。ここでそれぞれ脱毛する人の好みによって分かれるでしょう。痛みが強いが、施術回数が少ない方を選ぶのか。それとも痛みが少ないけれど、施術回数が多い方を選ぶのか。これは個人の判断に任せるしかない問題ですね。


ちなみにレーザーでの施術を実際にした方のコメントには、この施術の痛みとは「肌の上で輪ゴムをパチンと弾かれたような痛さ」だそうです。なにぶんこれまでこのような痛みを感じたことがないですから、最初は激しい痛みと感じてしまうのでしょうが、次第に痛みに慣れていく方も多いようです。


また不安に感じていると、余計に痛みを強く感じてしまうことでしょう。常に痛みを気にしていると施術中はストレスだけなんて状態でしょう。そうでなく、リラックスして施術を受けられようですと良いですね。そのためにも、クリニックのスタッフとのコミュニケーションなども大切になってきます。サービスが良く、そして対応も優しく丁寧なスタッフがいるクリニックを選ぶことも重要になってきます。


まずは無料でカウンセリングを行っているところがありますから、一度出かけてみるのもいいでしょう。お試しコースがあるサロンも多いです。痛みがどれくらいなのか、お試しコースで試してみるといいでしょう。また、最近では、最先端の吸引式照射システムを使い、痛みを抑えた医療レーザー脱毛を行なっているクリニックもありますから、どうしても痛みが気になる方は行くといいでしょう。


レーザー脱毛の痛みを緩和するために


痛みをできるだけ緩和するにはどうしたいいでしょう。施術中にガマンできないくらい痛い場合は施術者に「痛い!」と言えれば、出力を下げてくれます。


脱毛がすすんで濃い毛が減ってくると、痛みを感じなくなってきます。ですから脱毛を始めたばかりの痛ささえがまんすれば、脱毛効果を実感するとともに、痛みも少なくなってくると思えばガマンのし甲斐があります。


レーザー脱毛で特に痛みのかんじやす部位は、個人差はありますが、毛が太い部分や、VIOなど太くて丈夫な毛が密集している部位、手の甲や指、ヒザなどの皮下脂肪が薄く皮膚の下は骨、というような部位が特に痛いようです。


なので、痛みが激しい部位の施術をするときには、麻酔クリームを使用してもらうなどの対策をしましょう。その他、亜酸化窒素ガス(笑気ガス)を使うクリニックもあります。クリームは塗布して30分くらいで、皮膚の表面の間隔が鈍くなります。施術後はシビレたような感覚が5?6時間続く場合があります。


笑気ガスは吸入して使用します。吸入をやめるとすぐに醒めます。濃度を自由に設定できるので危険性や副作用が少ないのが特徴です。料金はクリニックや部位によって異なりますが、1部分2?3000円程度が一般的です。


レーザーマシンの種類についても見ていきましょう。


医療レーザー脱毛は、濃い色に反応して熱を出すというレーザーの性質を利用しています。毛根部分のメラニン色素に反応させて毛根を破壊することで、脱毛を行います。フラッシュ脱毛など光による脱毛では十分な脱毛効果は得られないといわれ、本当の意味での脱毛は医療レーザー脱毛だけが可能とされています。


医療レーザー脱毛器は日々開発され改良された機器が世に出されていますが、2014年6月時点では、4種類の医療レーザー脱毛機が広く使用されています。


1.アレキサンドライトレーザー
波長は755nmで日本人向けの脱毛機といわれます。レーザーの中では照射範囲が広く、美肌効果もあります。ただ、うぶ毛には反応しにくいとされます。


2.ダイオードレーザー
波長は810nm。うぶ毛にも反応します。肌への負担が少なく、男性のヒゲ脱毛に適しています。ただ、アレキサンドライトレーザーに比べると照射範囲は狭いです。


3.ヤグレーザー
波長は1064nm。ヤケドなどのトラブルが少なく、男性のヒゲ、有色人種に適した脱毛機です。ただし、脱毛効果の持続が他より低いのがデメリットです。


4.ルビレーザー
波長は694nm。色素の薄い白人に向いています。日本人などに使用するとヤケドの危険性が高いといわれています。


日本で最も使われているマシンはダイオードレーザーと、アレキサンドライトレーザーの2種類です。痛みは個人差はありますが、アレキサンドライトレーザの方がダイオーレーザーより痛いといわれています。