脱毛豆知識コーナー

レーザー脱毛で、ワキの黒ずみまで解消できる?

ワキのムダ毛が濃いので、頻繁にカミソリで自己処理していたら、ムダ毛はもちろん、消えない黒ずみで悩んでいる。という方をよく耳にします。


黒ずみは、一度出来てしまうと、なかなか消えません。出来れば自己処理を止めてワキをケアしてあげることが良いのですが、ワキの毛周期は、他の部位より短いので、すぐに生えてきます。さらに夏場だと半袖を着るので、ムダ毛を処理し続ければならず、余計に黒ずみが治らない悪循環に陥ってしまいます。


医療クリニックで行っているレーザー脱毛の効果を知っていますか?


レーザー脱毛の目的は、ムダ毛を毛根から無くし、生えてこなくするためにするものですが、実は、ムダ毛をなくすだけではありません。レーザーはメラニンに反応する特徴があることから、肌の黒ずみを無くしたり、シミをなくしたりする、美白効果があります。また、毛根がなくなるので毛穴が引き締まり、キメが整うのでツルツルの肌になります。


レーザーの仕組みを考えると、濃ければ濃い毛ほど脱毛効果があり、酷く黒ずんだワキこそ、キレイに美白されると考えられます。実はレーザー脱毛をする方の中には、このメカニズムをよく知っていて、黒ずみ解消などの、美肌効果の方を期待してやる方も多くいます。


レーザー脱毛も、昔は何十万円とする高額なものだったので、ごく一部の人しか出来ませんでしたが、今ではキャンペーンなどでお値打ちに出来たり、体験脱毛が無料で出来たり、誰でも選んでできる時代になりました。


また、エステサロンのフラッシュ脱毛と比較されることが多いようですが、黒ずみまで解消させるには、断然パワーの強いレーザー脱毛がオススメです。


レーザー脱毛の基礎知識


レーザー脱毛は光の波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用します。その性質を利用して青、赤、黒の色に集中的に熱を加え、組織を破壊することができます。これを「選択的光熱治療」といいます。


ホクロやシミ、ソバカスなどの治療にも使われています。選択的光熱治療のおかげで傷も残らずきれいに治すことができます。脱毛の場合、皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにします。表皮やその周辺の細胞を傷つけることがなく、毛根だけにダメージを与えます。


レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が吸収され、毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わり、毛球部の毛母細胞を破壊した結果、毛が生えてこないというメカニズムです。